HOME>Topics>思い入れのある指輪をリフォームで蘇らせよう

思い入れのある指輪をリフォームで蘇らせよう

女性

指輪のリフォームが大人気

指輪をリフォームして作り変えるのがとても人気です。指輪は高価だったり思い入れがあるので、処分しにくいのですが、サイズやデザインを変えることにより再び使いやすくなります。

利用者に聞いてみた!指輪をリフォームする理由BEST5

指輪
no.1

デザインが古くなったから

当時は気に入って買ったが、何年か経ちデザインの古さが気になり使えなくなったという方からの依頼が多いです。

no.2

サイズが合わなくなったから

購入した時はサイズが合っていたが、久しぶりにはめてみたらサイズが合わなくなったからという理由も上位にランクインしました。

no.3

気軽につけたいから

譲り受けたりしたものが派手だったり、大ぶりなデザインのものを普段でも使えるようにしたいという理由も多かったです。

no.4

壊れているので直した

壊れたままの状態で保管してあったものを直して使えるようにしたいという気持ちから、リフォームに出す方も少なくありません。

no.5

思い出の物を譲りたかったから

大切な品であるが、形見として子供や孫に譲るために作り変えるという方からもリフォームは人気です。

大事な指輪をずっと手元に残せる

思い出の大切な指輪をリフォームすることで、半永久的に残しておけます。

ジュエリーリフォームとリペアの違いを把握する

ジュエリーリフォームとは

ジュエリーのリフォームとは、使いやすいようにデザインを変えたり、現在のデザインにすることです。

ジュエリーリペアとは

ジュエリーのリペアとは、修理をすることで、例えばチェーンが切れたり変形したものを壊れる前の状態に直すことです。

壊れた指輪でも大丈夫!

壊れてしまってもデザインを変えて再び復活できます。

おすすめリフォーム例・5選

リング

古く感じる立爪のあるダイヤモンドリングを新しいデザインに

随分昔には流行っていた立爪のダイヤの指輪は、今時の新しい好みのデザインに生まれ変わります。

シンプルな指輪に石を付ける

会社にも付けられるようシンプルな指輪を選んだが好みが変わり、もっと石のついたものにしたいなど、デザイン変更できます。

アクシデントによる変形や破損はデザインを変える

不意なアクシデントによる変形など、修理できないものもデザインを変えることで使えるようになります。

リングをネックレスに

リングについている石をペンダントトップに使い、新たにネックレスに仕立てることもできます。

複数の石のリングをネックレスに

ダイヤとエメラルドなど複数の石を組み合わせて、ゴージャスなペンダントトップにすることもできます。

広告募集中